トップページ > 零に立つ

語り劇 山形の女を物語る 第二弾「零(zero)に立つ」

中川イセ。1901年8月、山形県天童市に生まれ、1歳で生母と死別。里親にあずけられる。運命に翻弄されて、17歳で女児を出産。養育費のために北海道にわたり、網走の遊廓に入る。持ち前の負けず嫌いと創意と工夫で店トップの座につき、牧場主の息子と結婚するも、義父の借金(現在で約2億8千万円)を背負い、20年間、完済のため奔走。その後、戦後初の網走市議会女性議員となり、7期28年つとめる。引退後も、さまざまな要職につき、「ばっちゃん」の愛称で親しまれながら、網走市名誉市民となって、105歳で大往生するまで、明治・大正・昭和・平成と、波瀾万丈の人生を生き抜く!

本作品は、イセさんの幼少時より戦後、議員になるまでの半生を中心に描く。女優・夢実子が、10年あまり舞台化を構想。脚本家・かめおかゆみことの出会いと、イセさんゆかりのかたがたの厚いご協力により実現。各マスコミでも話題となるなか、2015年8月、網走市で初演。同年12月天童市、2016年山形市(シベールアリーナ)で再演。ともに満場の客席から感動の拍手をいただく。 現在、2023年3月の横浜公演に向けて鋭意準備進行中。 詳細は「語り劇プロジェクト」ブログ参照のこと。 なお、語り劇とは「朗読とお芝居の中間」のような表現スタイルを指す。

ブログ★夢実子「語り劇」プロジェクト

2023年3月26日(日) 念願の首都園公演(横浜・あかいくつ劇場)決定!

現在、小説『零(zero)に立つ』(かめおかゆみこ著)の全文朗読や、夢実子×かめおかゆみこのトークライブをYouTubeにて好評配信中!
また最新情報を、語り劇プロジェクトのブログにて随時配信している。

URL:夢実子「語り劇」プロジェクト

  • 公演記録

  • 公 演 日2016年8月27日(土)
  • 開演時間18:00(開場:17:30)
  • 会  場シベールアリーナ(客席数522)
    (現 東ソーアリーナ)
  • 山形市蔵王松ヶ丘
  • チケット3,000円(当日3,500円)
  • ※未就学児の入場はご遠慮願います。
    ※前売り券が完売したときは、当日券はありません。

  • STAFF

    • 脚  本かめおかゆみこ
    • 演  出かめおかゆみこ
    • 今田 由美子
    • 演出協力佐藤正宏(ワハハ本舗)
    • 舞台監督渡邊 英夫
    • 音  響緒方 晴英
    • 照  明松崎 太郎
    • 映  像AKIRA
    • 制  作菊地 里香
    • 天輝 マキ
    • レイコ
    • オフィス夢実子
    • タイトルロゴエルハインド

    お問合せ

    「零(zero)に立つ」実行委員会
     実行委員長 荘司 章彦

      事務局 菅野美奈子