トップページ > サポーターズ募集

俳優夢実子サポーターズ募集

語り劇「零に立つ」実行員会からMessage

私たちは、今年、「零(zero)に立つ」の首都圏公演をめざし ています。(まだ詳細は決まっていません) 夢実子さんの、「山形から演劇を発信していきたい」「中川イセ のあきらめない精神を伝えていきたい」という想いを、かたち にしていきたいと思うのです。 が、何らかのうしろだてがあるわけでなく、連日たくさんの劇 団の上演があるこの東京で、新作でお客さまを集めるというこ とは、正直、簡単な話ではありません。 ですから、私たちは、まず、一緒にこのチャレンジに参加して くれるかたを、募集します スタッフというと、「荷が重そう」「時間がないから」と思われる かもしれませんが、実際にはさまざまなかかわりかたがあります。 下記にそんな一例をご紹介します。
2017年1月 語り劇「零に立つ」実行員会 脚本家 かめおかゆみこ

スタッフもいろいろ・・・

☆魂の応援スタッフ

直接、運営にかかわったり、チケットをあつかったりという ことまではできないけれど、とにかく、こころから応援する。 都内に住む知り合いのひとに、情報を送るなど、できる範囲 で応援する。遠方でも参加できるスタッフです。

☆ネット応援スタッフ

ブログやSNSなどで、最新情報を転載したり、公演情報を シェアするなど、おもにネット上での拡散を応援してくれる スタッフ。これも、遠方でも参加できます。

☆当日スタッフ

当日の受付、設営準備などにたずさわる。当日だけのスタッ フです。

☆実行スタッフ

ちらしを配布したり、チケットをあつかったり、告知をした りなど、準備の段階から、具体的な動きをになうスタッフで す。できる範囲でかまいませんが、がっつりスタッフにつぐ、 アクティブなポジションです。

☆がっつりスタッフ

運営の企画から進行まで、最初から最後まで中心になってか かわるスタッフ。 そのぶんだけ、やる仕事も責任もおおきくなりますが、それ だけにおおきな達成感も得られるポジションです。 また、こうした企画に興味のあるかたは、そのノウハウも得 られます。 

いかがでしょうか? どんな企画も、進めていくプロセスにおいては、さまざまな 困難や、乗りこえるべき課題は、起きてくると思います。 でも、乗りこえたときのよろこびや、得られる自信・自負、 何よりともにつくりあげる仲間との一体感は、人生の宝もの ともなりえます。 人生のどんな局面においても、けっしてあきらめることをせ ずに、ぶつかり、超えていった「中川イセ精神」を、私たち 自身が、かたちにしていくことにもなるのです。

夢実子サポーターズ募集

<目 的> 夢実子の公演を県内外で開催し、より多くの人々に、山形の魅力を知ってもらうため。 公演をスムーズに運営することをとおして、山形の文化・芸術の発展に寄与するため。

<役 割> 公演前の企画会議への参加や、チラシ配布などPRのお手伝い、公演当日のお手伝い (案内や受付など)。 ※義務ではなく、個々人の都合を配慮して関わっていただきます。

<メリット> 公演の情報をいち早く入手できること、希望により、稽古見学ができること。

     企画参加により、イベント構築を実地で学べること。チケットを優先購入できること。

URL:フェイスブック。語り劇ページ

URL:語り劇ブログ

夢実子サポーターズ申し込み

お申込みは、下記のフォームに入力のうえ、「送信」を押してください。
個人情報は、厳重に管理し、夢実子サポーターズに関わること以外には使用いたしません。

■お名前(必須)
■郵便番号
■住所
■電話番号
■メールアドレス(必須)
(確認用にもう1度入力してください。)
■ご希望のサポーターズの種類(必須)
魂の応援スタッフ
ネット応援スタッフ
当日スタッフ
実行スタッフ
がっつりスタッフ
■メッセージ

ブログ★夢実子「語り劇」プロジェクト

2014年12月、夢実子×かめおかゆみこが、舞台化のために、網走を取材訪問したときより、上演に至る過程や最新情報などを順次アップ。

現在、中川イセさんの人となり、その魅力を伝えるために、その半生の記録を、かめおかゆみこが連載中。

URL:夢実子「語り劇」プロジェクト

URL:あらすじ★物語版「零(zero)に立つ」

夢実子の語り劇を上演してみませんか?

あなたの地域で、グループで、 夢実子の語り劇を上演してみませんか?

現在、以下の演目をご用意しています。(今後、ふえる予定です)

・劇場版 劇場版「零(zero)に立つ

〜激動の一世紀を生きた中川イセの物語〜」(約75分)

・フリースタイル版 語り劇

フリースタイル版は、劇場版とちがって、 会議室、喫茶店等、ちいさなスペースでも上演可能。 CDプレイヤーなど、音響機器がひとつあればOK。

・「真知子」(25分)

僻地治療に取り組んだひとりの女医の物語。

・「掌編・中川イセの物語」(30分)

「零(zero)に立つ」に盛り込みきれなかった、 イセさんのエピソードを、まとめた作品。

※フリースタイル版は、トークとの組み合わせで、 60分〜90分にすることも可能です。

★公演報告とこれからの予定★

2016年11月26日(土)札幌市内にて、「掌編・中川イセの物語」の上演
2016年12月
 

2017年、東京(首都圏)公演を企画しています。 詳細が決まり次第、お知らせします。

お問い合わせ・お申し込みは、下記までお願いいたします。

オフィス夢実子  電話&FAX 023−658−7061 
メール・yumiko@yumiko333.com (@を半角に変えてお送りください)