トップページ > 零に立つ

語り劇 山形の女を物語る 第二弾「零(zero)に立つ」

中川イセ。1901年8月、山形県天童市に生まれ、1歳で生母と死別。里親にあずけられる。運命に翻弄されて、17歳で女児を出産。養育費のために北海道にわたり、網走の遊廓に入る。持ち前の負けず嫌いと創意と工夫で店トップの座につき、牧場主の息子と結婚するも、義父の借金(現在で約2億8千万円)を背負い、20年間、完済のため奔走。その後、戦後初の網走市議会女性議員となり、7期28年つとめる。引退後も、さまざまな要職につき、「ばっちゃん」の愛称で親しまれながら、網走市名誉市民となって、105歳で大往生するまで、明治・大正・昭和・平成と、波瀾万丈の人生を生き抜く!

本作品は、イセさんの幼少時より戦後、議員になるまでの半生を中心に描く。女優・夢実子が、10年あまり舞台化を構想。脚本家・かめおかゆみことの出会いと、イセさんゆかりのかたがたの厚いご協力により実現。各マスコミでも話題となるなか、2015年8月、網走市で初演。同年12月、天童市で再演。ともに満場の客席から感動の拍手をいただく。
なお、語り劇とは「朗読とお芝居の中間のような形式」。

ブログ★夢実子「語り劇」プロジェクト

2014年12月、夢実子×かめおかゆみこが、舞台化のために、網走を取材訪問したときより、上演に至る過程や最新情報などを順次アップ。

現在、中川イセさんの人となり、その魅力を伝えるために、その半生の記録を、かめおかゆみこが連載中。

URL:夢実子「語り劇」プロジェクト

URL:あらすじ★物語版「零(zero)に立つ」

夢実子の語り劇を上演してみませんか?

あなたの地域で、グループで、 夢実子の語り劇を上演してみませんか?

現在、以下の演目をご用意しています。(今後、ふえる予定です)

・劇場版 劇場版「零(zero)に立つ

〜激動の一世紀を生きた中川イセの物語〜」(約75分)

・フリースタイル版 語り劇

フリースタイル版は、劇場版とちがって、 会議室、喫茶店等、ちいさなスペースでも上演可能。 CDプレイヤーなど、音響機器がひとつあればOK。

・「真知子」(25分)

僻地治療に取り組んだひとりの女医の物語。

・「掌編・中川イセの物語」(30分)

「零(zero)に立つ」に盛り込みきれなかった、 イセさんのエピソードを、まとめた作品。

※フリースタイル版は、トークとの組み合わせで、 60分〜90分にすることも可能です。

★公演報告とこれからの予定★

2016年11月26日(土)札幌市内にて、「掌編・中川イセの物語」の上演
2016年12月
 

2017年、東京(首都圏)公演を企画しています。 詳細が決まり次第、お知らせします。

お問い合わせ・お申し込みは、下記までお願いいたします。

オフィス夢実子  電話&FAX 023−658−7061  メール・yumiko@yumiko333.com

 

 

 

語り劇「零に立つ」

 

お問合せ

TEL.070−6647−3383

「零に立つ」実行委員会 事務局 AISOHO

mail:zeronitatsu@yumiko333.com
@を半角に変えて送信願います。